金も稼げて女にモテる|至高の職業スカウトマンを4年間やってた話【体験談】

大学の頃に夜職のスカウトマンをやっていたときの話をしよう。

スカウトマンと聞けば、

  • ガッツリ稼げて・・・
  • めちゃめちゃモテて・・・
  • 死ぬほどセックスできr(文字数)

という、グレーゾーンだが夢と希望に溢れた男のオアシス的な職業をイメージする方も多いのではないだろうか。

この記事は、元スカウトマンの私がスカウトマンの真実を体験談ベースで事細かく綴っていくだけの自己満な記事

しかし、これからスカウトを始めたい方にとっては参考になるかもしれないな。ぜひ最後まで読んでみてくれ

路上スカウト及び無許可での職業紹介行為は違法だ。『それでもスカウトマンをやってみたい』という狂った方は、求人サイトではなくスカウト会社の紹介サービスを利用した方がいい。ネットスカウトOKの合法スカウト会社を無料で紹介してもらえるぞ

スカウト会社専門の紹介|スカウト求人サポート

目次

スカウトマンとは?(一応知らない人のために)

知らない人いないと思うが、スカウトマンとは『女性に声をかけてキャバや風俗などの夜職を紹介する人』のことだ。

諸君も見たことがあるだろう?街中や駅前でひたすら声をかけ続けながらたむろってるガラの悪いあの人達のこと

路上ではなくTwitterなどのSNSで活動するスカウトマンを”ネットスカウト”と呼ぶが、スカウトマンっということに変わりはない。

たまにスカウトマンやっていたと言うと、『え、じゃあ芸能人とか会ったことあるの?』みたいなメルヘンな返しをしてくる頭弱い方もいるが、この世の9割のスカウトマンは水商売・風俗・AVのスカウトマンだ。以後宜しく頼む。

漫画:『新宿スワン』より引用

スカウト以外にもグレーな仕事はたくさんあるが、その中でもスカウトマンは飛び抜けてグレーゾーンな仕事だ。

スカウトマンの仕事内容

では、早速だが具体的なスカウトマンの仕事内容を説明しよう。

  1. 女の子に声かける
  2. 連絡先アポる
  3. 仕事を紹介する

もちろんこれらはほんの一部に過ぎない。仕事の流れの中には他にも色々とやるべきことはある。

女の子への営業連絡をしたり、カフェで面談(クロージング)したり、面接する店舗や出稼ぎ案件の選定をしたり、面接の同行をしたり・・・

こんな感じで、ただアポってお店を紹介するだけとはいえ紹介するまでにさまざまな過程があるんだ。

当時はガラケーを使ってる人が多い時代でLINEなんて流行ってなかったので、SMSで大学の授業中にコツコツ営業連絡していたぞ

また、キャバクラの場合は面接同行が夕方なのでいいが、風俗は午前中もバリバリ面接予定が入る。大学生だった私はただでさえ少ない単位を捨てて面接同行する仕事熱心な奴だった。

ちなみに、今は飛ばし(※)で面接を組むことも多いので、大学生やサラリーマンの副業でも始めやすいのではないだろうか。

※飛ばし=女の子だけで面接や体入に行かせること。

スカウトマンの給料システム

スカウトの給料は完全歩合制だ。なのでもれなく出勤も完全に自由となる。

時給制の会社もあるにはあるが、私の周りのスカウトマンに時給制のスカウトマンはいなかった。

入社後の数ヶ月間だけ時給制&週5シフト(強制)というような、稼げるようになるまでの一定期間だけ時給あげるよシステムの会社はあったぞ。

気になる報酬はそれぞれ下記の通りだ

  • キャバクラ
    …1人紹介で8〜15万
  • 風俗
    …女性が稼いだ金額の15%

上記から自分の役職に対する割合を会社に抜かれた金額が手取りになる。

キャバクラの8〜15万っていう金額は、紹介した女の子のランクによって異なる。ようするに可愛い子を紹介すればお金もいっぱい貰えるということだ。ゲスいよな。

私は田舎のスカウトマンだったので上記の紹介料が平均だったが、歌舞伎町の高級店あたりに入店を決められれば、キャバクラの紹介料でも一撃50万円ということも全然ある。

キャバ嬢を1人紹介するだけで一般サラリーマンの月収以上だ。夢あるよな

また、キャバクラの紹介料は1度きりの買取だが、風俗の紹介料はその女性がお店を辞めない限り永久的に紹介料がスカウトマンの懐に入り続ける。

月に100万稼ぐ風俗嬢を10人抱えてれば寝てても月収100万円以上の収入になるんだ。すごいだろ?

ちなみに

そのほかにもAVや交際クラブだったり、仕事だけでなく美容整形や不動産まで紹介したりもするのだがその辺りは割愛する。

基本的にはキャバクラ系か風俗系の仕事を紹介するのがメインだと思っておけば問題ない。

スカウトマンを始めた経緯

そんなのノーマルに金が欲しかったからに決まってるじゃないか。

私は高校生の頃から金が欲しくて欲しくて仕方ないくらい金が好きだった。

というのも、当時SOUL JAPANという悪羅悪羅系(死語w)の雑誌があったのだが諸君はご存知だろうか?

説明しよう、悪羅悪羅系とはDOLCE&GABBANAとかGUCCIなどのハイブランドをピチッと着こなそうぜ!的なファッションなのである。

で、高校生の私は悪羅悪羅系に憧れを抱きつつも、ハイブランドは高くて買えなかったので、

大学生になったらとにかく稼げるバイトをしたい・・・そうだナイトワークしかない!!

っという経緯で卒業後はナイトワーク一択や!!って状態になったんだ。懐かしいな。

しかし、昼間は大学があったのでホストやボーイは無理。悩んだ結果、スカウトの求人を見つけて消去方でスカウトマンになることにした。

現在は路上スカウトマンは違法なので注意

この記事を見てる方は少なからずスカウトマンに興味があるのかもしれないが、残念なことに路上スカウトマンは違法だ。

私がやってたときはアレだ、たしか迷惑防止条例が東京だけだったとかそんなかんじ。

詳しく覚えてないが、これ以上は突っ込まないでいただきたい。さすがに時効だろ?

これからスカウトマンになりたいって人は気をつけてくれという話だ。

実際どれくらいスカウトで稼げてたのか

MAXで50万円くらいだったな。

『え・・・? 全然夢ねぇじゃん・・・』

っと思われたそこのアナタ。

夢を壊して申し訳ない。少し言い訳させてくれ

月50万円くらいなら稼げた

稼げるには稼げたが、スカウトマンとしては圧倒的に少ない金額だ。

ここで私のダサい言い訳に耳を傾けてもらおう。

私の”醜くダサい言い訳”リスト
  • まだ風俗の壁が高かった
  • 出稼ぎが主流じゃなかった
  • ネットが主流じゃなかった

風俗の壁が高かった

まず1つ目の言い訳としては、まだまだ風俗の壁が高かったこと。

女の子からしても”風俗=拒絶反応”というのが基本で、私のような無能スカウトが風俗へ入店を決めるには、お店を変えたい風俗嬢を移籍させるくらいしか手段がなかった。

あの手この手で風俗に口説き落とそうとしてはブチ切れられていた。当時の女の子たちには不快な思いをさせてしまったかもな

未経験の子に、自分から『風俗やりたい』なんて言われたことはない。

これは”昔のスカウト界隈”と”今のスカウト界隈”の雰囲気を知らない方からすれば『今だって風俗やらない?って言われたら嫌だわwww』と思うかもしれないが、本当の話なんだ。

今は昔に比べて風俗という仕事に対する壁が低い。というか、サクッとバイト感覚で踏み込む子が多い。

私は今でも少しだけスカウトマンの女性募集の手伝いをしてるので、なんとなくだが現状のスカウト界隈の雰囲気にも付いていけている。

出稼ぎが主流ではなかった

私がスカウトだったときは、出稼ぎ=在籍だった。

出稼ぎとは?

地方→都内や都内→地方の風俗店へ5〜10日ほど泊まり込みで働きに行くこと。在籍に比べて給与保証があるので稼ぎが安定することから風俗嬢に人気な働き方なのである。

今は風俗=出稼ぎってくらい出稼ぎ風俗嬢が多い。

でも、少し前までは本当に出稼ぎ組んでる風俗嬢なんて聞いたことなかったんだ。

実際、私が在籍してた会社でも出稼ぎ案件は1つもなかったし、周りのスカウトマンからも『出稼ぎ組んだ』なんて聞いたことなかった。

まぁ…、私が田舎エリアのスカウトだったからかもしれないが・・・

ネットが主流じゃなかった

今はネットスカウトがメインに近い。

もちろん路上で死ぬほど稼いでるスカウトマンも沢山いるが、スマホの普及で女の子がTwitterやインスタを当たり前に使うようになった現在、スカウト歴が長い人でも路上→ネットに移行しつつある。

路上での逮捕リスクを考えてもネット方が低リスクって理由もあるしな。

だが、少し前ならそんなことはなかった。なぜならスマホが普及してなかったから。

なんたって当時のネットスカウトと言えば、mixiとか前略プロフィールで垢BANされてるレベルだったからな

時間と場所に限界がある路上に比べて、今はネットでスカウトできるんだからどう考えても効率良いだろう。

20代で月収100万円オーバーのスカウトなんてゴロゴロいる

というわけで、私が稼げなかった言い訳をダラダラと語ってきたわけだが、正直なところ私が稼げなかったのは自分のせいだ。

じゃあ何が言いたいのかというと、私が無能なばかりにスカウトという仕事の夢と希望をぶち壊してしまったが、普通の人なら稼げる可能性は高いから安心してほしいということだ。

自分でいうのもアレだが、私は無能スカウトとしては誰にも負けない自信があったぞ・・・

  • 女の子のメンタルケアできない
  • 仕事以外の連絡は嫌そうに取る
  • 店舗情報は全く覚えられない

そんなゴミみたいなスカウトだった。毎月の入店数より辞めてしまう風俗嬢の人数のが多かったのだから救いようがない。

だが、そんなゴミクズな私でも大学生にして月50万近く稼げるのだからスカウトってすげえなと今でも思う。

実際のところ、当時の会社で1番稼いでいるスカウトマンは20代にして月収150〜200万くらいだったぞ。

そして時代も変わりネットスカウト戦国時代の現在。

今は月収1000万近いスカウトもいるレベルだ。

月収100万円のスカウトなんてゴロゴロいる。

むしろ、月100万も稼げないならリスク背負ってスカウトやってる意味がないってくらいのレベルだぞ。

それくらい今はスカウトマンとしての環境に適しているってことなんだ

スカウトマンはモテるのか問題について

おそらく諸君も気になってるであろうこの話題。

本記事において最大のメインディッシュである。そうだろう?

結論から言えば人による。モテる人はモテるし、モテない人はモテない。

つまんないこといって申し訳ないな・・・

一般職の皆様と比べて女性との出会いが増えるだけであって、だからといって『モテる』ってことはないというのが実情だ。

スカウトを通して知り合った女性とどのような関係を築き上げるかは自分次第なのである。

ちなみに私は、キリッとした目に高い鼻・小栗旬を1000回ブン殴って身長を20センチほど低くし、フットボールアワーの岩尾を足して0で割ったような感じの見た目だがモテなかったぞ。(なぜなのか)

出会いはクソほど増える

出会いは増える。これは間違いない。

そりゃもう、毎日100人の女性に声をかけて毎日スマホの連絡先が10人ずつ増えてくような世界線だからな。

そこらの出会い系よりか出会いは増えるぞ

ただし、一般職よりは絶対にモテる(絶対)

私がスカウトだったとき、知り合いのスカウトマンはこんな感じの人が沢山いた。

  • セックスしてから仕事を紹介する人
  • 色恋×無限で風俗の紹介料を稼ぐ人
  • スカウトした子とそのまま漫喫に消える人

まだまだいるぞ

  • スカウトした子と付き合って結婚した友人
  • ナンパ好きサラリーマンからスカウト会社の幹部になった先輩
  • そもそもスカウトじゃなくて謎にナンパしてる人

私がスカウトしてたエリアではナワバリ意識が高く、たとえ一般人のナンパだとしても『テメェ邪魔だから消えろや』とスカウトに怒られるエリアだった。

で、怒られないようにナンパ目的でスカウトになって気付いたら月収100万円を超えてしまったような人もガチでいたレベルだ。

結論、女性との出会いが多いスカウトは容姿関係なくモテるな とは思うぞ。(私はモテなかったが)

何事も自分次第。チャンスを無駄にしない人は金も稼げるし女も掴めるってことだな。

で、その『チャンス』の数が桁違いに多いのがスカウトマンという仕事なんだ。

怖い人とかヤ●ザとの繋がりについて

スカウトマンに対して裏のこわい人達との絡みをイメージする方も多いと思う。

いきなりヤ●ザ屋さんに攫われてボコボコにされる・・・とかな

基本的に”直接的な繋がり”はない

正直なところ、そんなに関わることはなかった。

もちろん繋がりはあるが、直接的に関わることはそんなにないって感じが正しいな

直接的な関わりはなくとも、スカウト会社はしっかりと裏社会の方々とも繋がっている。

ガチで一切の関わりがないスカウト会社ってのはないんじゃないだろうか

そもそも会社として裏の方々と繋がりがなければ路上に立ってるだけで誘拐案件だからな。

直接的な繋がりはなくても、会社の忘年会などで貫禄のある方が出席されたりすることはあった。とても優しかったぞ。

4年間で実際にあった修羅場シリーズ

そりゃグレーな職業だからな。

4年くらいしかやってなかったが、それでも修羅場みたいなことはいくつかあった。

  • 埋められそうになった
  • 攫われそうになった
  • お巡りさんのお世話になった
  • 一般人とよく揉めた

あまり詳しく書けないのもあるが、軽く上から紹介しよう

埋められそうになった

なったぞ。

詳しくは特定案件なので言えないが、埋められかけた。

最終的に当時の社長が助けてくれたんだ

攫われそうになった

なったぞ。

彼氏待ちの女の子に声をかけたのだが、まさかの彼氏さんがそっちの筋の方だった

これは全力疾走で解決した

ちなみに、スカウト会社に入るときに『リスク対策マニュアル』というものを読まされる。

リスク対策マニュアルとは?

これには”文面にスカウトと分かる証拠を残さない”や”店舗情報を持ち歩かない”など、悪い人やお巡りさんに目を付けられたときにどう対処するべきかを記された秘伝の書物なのだが、最終手段が全力で走って逃げるだったのは今でも信じられないが本当の話だ。

そう、私は会社のリスク対策マニュアルに従ったまでだ。

お巡りさんのお世話になった

お世話になった。

これも詳しくは書けないが、1つだけ言うとしたら自分がスカウトであることを紐づける発言をした瞬間に終わる。

特に今は囮捜査が多いからな。これからスカウトをやりたいという勇敢な戦士は徹底したリスク対策が必須だぞ。

君がやってるのはナンパだ。スカウトじゃない。ナンパした子とLINEしていたら奇跡的に夜職を探してるって話になったんだぞ(棒読み)

本記事はスカウト行為を推薦しているわけではありません。あくまで私の架空の体験談として知的好奇心を満たす目的でお読み下さいませ。(棒読み)

(おまけ)一般人とよくモメた

揉めたというより、一方的にブチ切れられた。

  • 人混みで女の子に声をかけたとき
  • 話してる途中に彼氏が来たとき

こんなときに謎にブチ切れらるんだ。(謎ではない)

スカウトマンの『辛い!!』と思う瞬間シリーズ

最後に、スカウトマンをやっていた中で『辛れぇよぉ・・・』と思ったことを記しておきます。

いいことばかりじゃない。それもまたスカウトマンなのである

バックレをくらったとき

朝8時に待ち合わせ(自宅から2時間のエリア)して、女の子にバックレ食らったときはブチ転がしてやりたい気持ちでいっぱいになった。

夜の女の子(夜職に興味を持つ女の子)は、なぜか頻繁に事故にあったり高熱を出したりする。(なぜなのか)

一番『こいつヤベェな・・・』ち思った子は、1ヶ月におじいちゃんが2回死んだ子だ。クレイジーだろ?

入店が決まらないとき

スカウトは完全歩合制なので入店が決まらなくても会社の不利益になることはない。

だが、入店が0だと謎に社長からブッ詰められる。(なぜなのか)

入店が少ない月のミーティングでは、おじいちゃんに3回くらい逝ってもらおうか悩んだのもいい思い出だ

(おまけ)女の子にヘコヘコするとき

昔はそんなことなかったが、今はスカウトマンが女の子にヘコヘコする機会が多いように思う。(※今の話なのでオマケ扱い)

これはスカウトマンが増えて競争が激化したのかなんだか分からないが、『女の子は姫!紹介したけりゃ私に気に入られなさいスカウト共よ!』みたいな雰囲気を強く感じる。

例えばTwitterでスカウトしようとすれば、

  • DMするならアマギフよこせ
  • アマギフくれた人だけ話聞きます
  • 交通費出してくれないスカウトは使いません

みたいなことを言われる。(※アマギフ=Amazonギフト券)

べつにいいんだ、アマギフくらい。交通費だって出す。

DMするのに文字より先にお金をあげないと罵倒されて晒される世界線も狂ってると思うが、それでも話を聞いてくれるならアマギフくらいあげるし、しっかりとお店に行って働いてくれるなら交通費だって全額だすさ。

だが、クソうぜぇのが、アマギフあげた瞬間ブロックする子や、交通費を払ったらそのまま垢消してLINEもブロックするお姫様だ。

金持ち逃げしてトンズラこいてるくせにTwitterに担当ホストがあーだこーだなんてツイートしてる子もいるからな。おもしれぇ奴だ・・・

少し前に”私は今でも少しだけスカウトマンの女性募集のお手伝いをしてる”と書いたと思うが、つい最近も『出稼ぎ行きたいけどお店までの交通費すらない』と言うので35000円を貸したら飛ばれた。

損したのは私に仕事をくれてるスカウトさんなのでまだ良いが(よくないw)やっぱり見てていい気持ちはしないよな。

で、LINEで『早く返してくれないと・・・』って少し強く言うと、恐喝されました。ってTwitterで晒されるんだ。(なぜなのか)

それでもスカウトマンは女の子が働いてくれた紹介料で生きていけるのは事実。感謝を忘れずに日々女の子へ頭を下げてお仕事相談を貰わなくではなならないのである。

これからスカウトマンになりたい方へ

スカウトマンは大変なこともたくさんあるが、金は稼げるし女性との接点は増えるし良いことも沢山ある。

始めようと思えばすぐに始められるし、必要なスキルや経験も一切必要ない。

やる気だけで使いきれない金を稼げる可能性を秘めているので、無一文から成り上がりたい女好きには最高の仕事だ。

興味のある方は是非、スカウトマンを始めてみてくれ。人生が180度変わる可能性だってあるぞ

最後に助言だが、スカウトマンはグレーな仕事だ。もちろん、スカウト会社もグレーな会社が多い。

稼ぐためには教育体制が整っており、しっかりとノウハウを抱えている会社を選ぶ必要がある。

入社だけさせて、ほったらかしにされるスカウト会社も多いので注意が必要だ。それではいつまで経っても稼げない。会社に搾取され続けるだけだ。

なので、会社を探すときはスカウト会社専門の紹介サービスを利用してみてくれ。

多くのスカウト会社と太いパイプのある紹介会社が、LINEで相談するだけで優良な会社を教えてくれるぞ

スカウト会社専門の紹介|スカウト求人サポート

目次
閉じる