気にしてる?猫背や巻き肩はバストアップの妨げになる!


こんにちは!CECIL東京サロンスタッフ江藤ですo(^▽^)o

 

サロンにいらっしゃるお客様で多いのが

 

猫背、巻き肩の方…。巻き肩というのは肩が内側に入り込んでいる状態です。

 

調べてみるとこの状態なかなか問題のようですよ…あせる

 

下記は美乳カウンセラー戸瀬恭子が記した猫背、巻き肩の影響そして対策です。

ぜひ参考になさってみてくださいねラブラブ

 

 

猫背、巻き肩のバストへの影響




猫背や巻き肩になると、身体が前傾姿勢になります。背中側の筋肉が前に引っ張られ、おっぱいの周辺の筋肉も緊張でコリ固まり、おっぱい全体が縮こまって小さくなってしまうのです。また、肩こりが発生するとデコルテに血流が流れなくなり、おっぱいの上部がペタンコになります

綺麗な胸を保つには、身体のS字ラインを常に保つこと。そうすることで肩が開き、肩凝りのしにくい身体になります。
姿勢のイメージ




猫背、巻き肩解消方法5つ




1. 寝るときにバスタオルを丸めて腰に当て、S字ラインを作る
バスタオルを丸めたイメージ






2. インソールで体にS字ラインを常につくり、肩の位置が前に来るようにする
インソールのイメージ






3. 肩甲骨の老廃物を流す
これにより肩が開き、肩こりも解消!巻き肩は解消できます。
肩甲骨のイメージ






4. 背中にパワーネットの入ったニッパータイプの下着で、背中が丸まらないようにする
パワーネットの入ったニッパータイプの下着のイメージ






5. 肩甲骨を動かすストレッチで、肩甲骨を動かし血流を良くする
後ろで手を組んで上下に動かすと、肩甲骨の血流が良くなります。
肩甲骨を動かすストレッチのイメージ






肩甲骨が柔らかくなると全身が柔らかくなります、常に肩甲骨を動かす意識が必要です。




日頃から姿勢を意識してバストアップに!




特にパソコン作業が多い方は、1時間毎に背筋を伸ばす、肩甲骨を動かす、S字ラインを意識して座る等、肩こりにならないような生活習慣を心がけましょう。

スマホをいじる時も、目線より上にスマホを持ってくる、寝ながら本やスマホをいじる時も腰にバスタオルをはさみ、S字を作ることを意識してみてください。

バストアップのマッサージをする時は、肩甲骨を動かしながら、意識しながらマッサージをする。そして、それを習慣化しましょう。そうすることで、デコルテがふっくらしたお椀型のおっぱいになりますよ!音譜

 

いかがでしたか?

 

早速今日から意識してみてくださいね!ニコニコ


▲pagetop