【育乳】バストアップ3原則♪


「豆乳」は女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用が期待できる「イソフラボン」が豊富に含まれているの   は皆様ご存知だと思いますが、   他の大豆製品よりもイソフラボンの含有量が多く吸収も早いのが豆乳です(‘-^*)/ 最も効果が出るのは、生理前の1週間にとる事♪   さらに!朝食前がお勧めですよ   生理前の不調や更年期の悩みはもちろん、便秘対策にも最強の組み合わせ、 「豆乳」+「バナナ」+「黒ごま」もお勧めです(^-^)/ 今日は、1日にとる効果的な大豆イソフラボンの量をお話いたします 1日に70~75㎎です   200㎖に含まれる大豆イソフラボンの量は 無調整豆乳・・・68㎎ 調整豆乳・・・50㎎ 豆乳飲料・・・30㎎ です なので、納豆やみそ、豆腐、厚揚げ等で大豆イソフラボンを摂取している方は 1日豆乳1パックが理想量です(‘-^*)/   t02200124_0800045013333329034   気を付けたいのは過剰摂取です! とりすぎると、逆にホルモンのバランスが崩れる為 ☆生理不順が起こる ☆生理周期が長くなる ☆乳がん・子宮がんのリスクが上がる ☆子宮内膜症の可能性が高まる 等の症状があらわれる可能性があります バストアップにいいとされている食品全てに言える事ですが、1つの食材を毎日大量に摂取するのはおすすめできませんよ(・ω・)/
▲pagetop